#忌野清志郎 「この世でいちばん大事なのはユーモア」 #ワタナベイビー が魅力を熱弁 #jwave #sonar813 #ホフディラン

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は、2009年5月2日に58歳の若さでこの世を去って間もなく10年を迎える、日本が誇るキング・オブ・ロック、忌野清志郎さんを特集します。

「僕の好きな清志郎」と題して、忌野さんにゆかりのある人や影響を受けた人からのコメントを交えながら、忌野さんが音楽シーンに残した功績に迫りました。 3日目となる5月1日(水)は、ホフディランのワタナベイビーさんが登場しました。

【1日目】忌野清志郎は「ものすごく厄介な天使」 スゴさを振り返る
【2日目】渡辺大知、高校時代に救われた「忌野清志郎ソング」とは?

■初めて触れた忌野さんの音楽

ワタナベさんが初めて触れた忌野さんの音楽は、『い・け・な・いルージュマジック』でした。

ワタナベ:これは坂本龍一さんと清志……(中略)…… ・火・水・木曜 21時−24時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース