アップルはプライバシーを重視しているが、iPhoneはそうでもない事実

結局は自分で意識して個人情報を守らなければならない。

アップルは最近、プライバシーをきちんと守っていますという内容のメッセージを含んだCMを、キャリアとダブルネームで放映している。それと前後して同様の論調の記事が一部のメディアから公開された。

[embedded content]

仮に、アップルの言うことを100%信じたとしても、これは真実でもあり、嘘でもある。

要するにアップルがユーザーに言いたいのは、同社が自社のアプリやサービスにおいて、ユーザーの個人情報や行動履歴などを収集せず、他社に売り渡すこともないという自社の姿勢だ。アップルは以前からFace IDによる顔認証についてもデータをクラウドにアップせず、各個人に紐付いているiOSデバイスだけに留めながら解析して、精度を高めるということを広く伝えてきた。しかし、放映中のCMを見てiPhoneは安全と思うのは早計だ。iPhoneはそれほど安全ではない。

iPhoneでは、一般ユーザー向けアプリのインストールは、アップルが管理・運営するApp Storeから……(中略)…… が許諾のもとに収集されているという事実があるので、アップルだけ安全という見え方は誤解を招く。

大事なことなのでもう一度。結局は自分で意識して個人情報を守らなければならない。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース