mille baisers(ミルベゼ)、ライブの魅力溢れるニューアルバム完成!5月26日のワンマンライブに向けて酒場と音楽への愛とこだわりを語る

渋谷・eplus LIVING ROOM CAFE & DINING(以下リビングルームカフェ)がオープン間もない頃より毎月ライブを行い、これまでに同店にて二度のワンマンライブを大成功させたヴァイオリン横山千晶(よこやまちあき)とギター小久保徳道(こくぼのりみち)のデュオ、mille baisers(ミルベゼ)。リビングルームカフェに訪れる者を幾度となく酔わせてきた彼らだが、昨年には初のホールワンマンも開催し、憧れのアーティストとの共演が実現。さらに今年からは“酒場音楽プロジェクト”も始動させ、自身の信じる道への追及を続けてきた。誰よりもリビングルームカフェのステージを知り尽くし、酒場と音楽を愛する彼らのワンマンライブ「Welcome To our Living Room vol.3」が5月26日に行われる。そして同日には彼らの7枚目のアルバム『AMBIANCE』がリリースされる。今夜(4/18)もリビングルームカフェに訪れ、パーカッションに小山田和正を迎えた編成でのライブを終えた彼らに話を訊いた。 尊敬するアーティスト、マルクベルトミューとの共演が実現

――前回のインタ……(中略)…… ムをリリース。2018年12月、ハクジュホールにて2人の最も尊敬するアーティストMARC BERTHOUMIEUXをゲストに迎えたミルベゼ初ホールワンマンライブを成功させた。2019年、『酒場音楽プロジェクト』を始動。日本に酒場音楽の文化を広めるため都内を中心に全国各地の飲食店で演奏活動を行う。 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース