帝都の劇場から日本近現代史や芸能史を発掘するイベント『芸術の歴史を築いた旧帝国劇場と今 ~映画鑑賞とトーク~』開催!


旧帝劇にタイムスリップする貴重体験

2019年ゴールデンウィークに日比谷界隈で開催中のHibiya Fesetival。その関連企画として、5月2日(木・祝)に『芸術の歴史を築いた旧帝国劇場と今 ~映画鑑賞とトーク~』が開催される。当日は、旧帝劇の舞台が撮影された映画『幸運の椅子』(1948年製作)を14:30~16:00に国立映画アーカイブ本館 小ホールにて上映、その後、見学&トークが17:15~18:15に帝国劇場にて行われる。

現在、日本の演劇・ミュージカルシーンの殿堂の一つとして知られる帝国劇場は、1911年(明治44年)3月1日に開館した(建物は現在のものとは異なる)。この「帝都の模範劇場」をそもそも構想したのは、伊藤博文と渋沢栄一だった。ここに福沢諭吉の次男(捨次郎)や娘婿(桃介)、日比翁助(三越百貨店の創始者)らも発起人として係わり、明治の政商・大倉喜八郎(大倉財閥創始者にして、鹿鳴館や帝国ホテル等の設立者)を中心に設立へと至ったのである。

全席椅子席(当時1700席)の帝劇は「白亜の殿堂」「日本初の西洋式劇場」……(中略)…… ィバル)2019/4/26~5/19 東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場ほか周辺施設にてhttps://www.hibiya-festival.com/2019/ 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース