平成でブーム巻き起こした「イカ天」大半のバンドが解散も

 平成の芸能界で巻き起こったのが、1989年2月11日にスタートしたTBS系の音楽オーディション番組「三宅裕司のいかすバンド天国」が火を付けた「イカ天ブーム」だった。

“しぶとさ”が人気の理由 芸能界にアラフィフブーム到来か

 メジャーデビュー前のインディーズバンドによる対戦番組。毎週選ばれた「イカ天キング」が前週のキングと対戦。5週連続で勝ち抜くと「グランドイカ天キング」となり、メジャーデビューが約束されていた。

「『グランドキング』となったのは、ファンクバンド・FLYING KIDS、アコースティックバンド・BEGIN、たまら。個性派バンドのカブキロックスはキングになれなかったが、メジャーデビューを果たした」(レコード会社関係者)

 89年の新語・流行語大賞の流行語部門・大衆賞を「イカ天」が受賞。爆発的な人気となったが、徐々にバンドブームが衰退。90年12月29日の放送でその歴史に幕を閉じた。

「番組には800組以上のバンドが出場したが、さすがに、大半のバンドが解散などですでに活動していない。出場バンドの中で一番の出……(中略)…… に出場していたGLAY。勝ち抜けなかったものの、94年にメジャーデビューし、たちまち大ブレークを果たしました」(音楽関係者)

 音楽業界は平成の30年間で激変。今やアーティストやバンドはYouTubeなどで自己発信してデビュー。

 時代はどんどん変わっている。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース