「VUCA」の時代を生き抜くスキル習得を、岡山大の問題発見・解決力育成プログラム「SiEED」

国立大学法人岡山大学は「SiEED」(STRIPE Intra & Entrepreneurship Empowermentand Development)を開講し、4月8日に基礎プログラムの第1回講義がスタートした。その2日前の4月6日に開催されたキックオフイベントでは、Evernote元CEOのフィル・リービン氏などが登壇して受講生にエールを送った。今回ははそのレポートの2回目。ゲストからの受講生へのメッセージを中心に紹介をする。

関連記事
・岡山大の問題発見・解決力育成プログラム「SiEED」が始動、Evernote元CEOのフィル・リービン氏がエール

思考の幅を広げるために、VUCAの時代に必要な視点とは?

「SiEED」のキックオフイベントでは、自身を「Dreamer And Doer」(夢見てそれを実行する人)と称するBio-Artistの福原志保氏、外資系企業から白馬インターナショナルスクール設立準備財団代表に転身した草本朋子氏が登壇し、SiEED エグゼクティブアドバイザーでスクラムベンチャーズパートナーの外村 仁氏……(中略)…… き出した岡山大学の新たな取り組み。ここから地域に改革をもたらす人財が登場するか、期待して見守りたい。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース