マスク氏のツイートを弁護士が監督することでSECと和解

Tesla(テスラ)のElon Musk(イーロン・マスク)氏、そして米国証券取引委員会(SEC)は4月26日、マスク氏のツイート問題で合意に達したと発表した。その合意とは、制限はありながらも、先の裁判所の命令への違反で侮辱罪に問われるという心配なしに、CEOのマスク氏にTwitterの使用を認めるというものだ。

同氏は特定の事柄や経営状態などについてをのぞき、好きなようにツイートできる。しかし、マンハッタン連邦裁判所に提出された合意文書によると、そうした特定の事柄などについてツイートする場合は、弁護士から事前承認を得なければならない。

合意には今後、この件の裁判長である米連邦地裁の裁判官Alison Nathan氏の承認が必要となる。Nathan氏は、それぞれに主張を展開していたSECとマスク氏に歩み寄りと解決策の模索を促すため、2週間という時間を与えていた。

マスク氏はツイートに以下のような内容が含まれる場合、弁護士の事前承認を得なければならない。

Teslaの経営状態やガイダンス、可能性のある合併や買収、ジョイントベンチャ……(中略)…… e/" rel="noopener">原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース