英国発!鬼才ウェイン・マクレガーの舞踊団出身の男性二名が『Elevation―昇華―』を披露


英国からとびきりイキのいい奴らがやってくる! 鬼才ウェイン・マクレガー(英国ロイヤル・バレエ団常任振付家)の舞踊団出身のジェームズ・ペット(James Pett)とトラビス・クローセン・ナイト(Travis Clausen-Knight)が、2019年5月21日(火)、セルリアンタワー能楽堂(東京)で上演する『Elevation―昇華―』は見逃したくない。

ジェームズ・ペットは体操選手として世界体操競技選手権英国代表にもなった変わり種で、柔軟性に優れ技量抜群だ。トラビス・クローセン・ナイトは南アフリカのケープタウン出身で、マシュー・ボーンの『白鳥の湖ースワン・レイクー』世界ツアーに参加し同舞台の映画版にも出演するなど実力派として鳴らす。麗しくもある二人だが、変幻自在な動きが高密度で続くマクレガー作品のクリエイションを経験しているので、心身ともにタフなのは疑いない。そうした背景を持ちながら彼らの個性と創造性が反映された作品を今まさに発信せんとしている。

公演は3部構成。二人の共作共演『Informal Between』は2018年12月、英国を代……(中略)…… 施(通訳有)

【日時】2019年5月21日(火) 19:00開演【会場】セルリアンタワー能楽堂(渋谷 セルリアンタワー東急ホテル地下2階)【主催】ファビュラ・コレクティブ(Fabula Collective)【構成】塚本行子【振付・出演】ジェームズ・ペット トラビス・クローセン・ナイト

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース