#エド・シーラン は「2010年代のレッド・ツェッペリン」 その凄さをサウンドや歌詞から分析! #jwave #Anly #田中宗一郎 #エドシーラン

J-WAVEで放送中の番組『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』(ナビゲーター:グローバー)。ゲストを迎え、1組の「レジェンド・ミュージシャン」をテーマに音楽談義を繰り広げるこの番組。3月16日(土)のオンエアでは、4月に東京と大阪で公演を控えているエド・シーランを特集。シンガーソングライターのAnlyさん、音楽評論家の田中宗一郎さんとその魅力を探りました。

現在22歳のAnlyさんは、高校時代にYouTubeで観た『The A Team』の和訳と白黒のMVにグッと来たのがエド・シーランを聴くきっかけでした。Anlyさんもアコースティックギターを演奏するので、ミュート音や「親近感があるけれどなかなかない不思議な声」に魅力を感じていると話します。

一方、田中さんも「彼の声って倍音が凄く豊かなんです」と声について触れつつ、「ギターは打楽器でもあって、ミュートしたり、右手のタッチで音の感じが変わるんです。エド・シーランはストロークしたときに“ガシャ”っていう、ウエハースを歯でバリって噛んだときのようなジュワっと変化のある音が出る……(中略)…… 17時−17時54分オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース