「嫌な思いをさせているかも」その気づきが大事― #小島慶子 と #ハラスメント をなくす方法を考える #jwave #jamtheworld #MeToo

先日、就職活動でOB訪問に来た20代の女子大学生を自宅マンションに連れ込み、わいせつな行為をしたとして、大手ゼネコン・大林組の社員が逮捕されました。就職活動中に起こる就活セクハラをはじめ、さまざまなハラスメントが問題になっています。

ハラスメントは、なぜ起きてしまうのか。ハラスメントのない社会を実現するためには何が必要なのか。先日『さよなら! ハラスメント ――自分と社会を変える11の知恵』を上梓した、タレントでエッセイストの小島慶子さんと考えました。

【2月27日(水)のオンエア:『JAM THE WORLD』の「UP CLOSE」(ナビゲーター:グローバー/水曜日ニュース・スーパーバイザー:安田菜津紀)】 http://radiko.jp/#!/ts/FMJ/20190227201903

■相手が嫌な思いをしないか…考え、気づくことが重要

小島さんの『さよなら! ハラスメント ――自分と社会を変える11の知恵』では、さまざまな識者と対談し、ハラスメントを多角的に捉えています。

小島:ハラスメ……(中略)…… 木曜 19時−21時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース