アプリの正常アクセスに潜む犯行を見破り撃退するCequence Securityが1700万ドル調達

アプリケーションを、そのビジネスロジックに対する攻撃から護るCequence Securityは米国時間2月27日、シリーズBで1700万ドルを調達したことを発表した。

このラウンドはDell Technologies Capitalがリードし、昨年同社のシリーズAで800万ドルをリードしたShasta Venturesが参加した。これで同社の調達総額は3000万ドルになるという。

Larry Link CEOによると、同社の仕事はアプリケーションを一見正常に見える犯行から保護することだ。特に同社が探すのは、ビジネスロジックに対する自動化ボットの攻撃で、具体的な例としては、コンテンツの窃盗、アカウントの乗っ取り、嘘の悪評の拡散、ショッピングボット、偽アカウントの作成、在庫拒否などの悪行だ。

アプリケーションを護るための同社のサービスは、1)アプリケーションの脆弱性を見つける発見フェーズ、2)その傷口を悪用している者を突き止める検出フェーズ、3)攻撃を防御し追い払う防御フェーズ、以上の3段階で行わ……(中略)…… eferrer">hiwa)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース