機械学習プロジェクトのためのトレーニングデータを生成するSuperb AI

機械学習プロジェクトで開発を行う際の大きな課題の1つは、アルゴリズムをトレーニングするために、十分な数の関連データを用意することだ。この部分を助けようとしているのが、Y Combinator Winter 2019クラスのメンバーのSuper AIである。このスタートアップは、タグ付けプロセスをスピードアップするためにAIを使用して、各企業がプロジェクトの要件を満たすためにカスタマイズされたデータセットを作成する作業を支援する。

スタートアップのCEO兼共同創業者であるHyun Kimは、AIと機械学習をアプリケーションに組み込もうとしている企業にとっての大きな問題の1つは、モデルをトレーニングするための適切なデータセットを手に入れるところにあると言う。「Superb AIは、AIを使って、ハイテク大企業向けにカスタマイズされたAIトレーニングデータを作成します。私たちが一緒に働かせていただいているお客さまは、ご自身で行うよりも何倍も速く機械学習機能を製品の中に組み込むことができています」と、KimはTechCrunc……(中略)…… rrer">原文へ](翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース