今シーズンで大阪交響楽団の常任指揮者離れる寺岡清高、大いに語る!


「定期演奏会の選曲が実に良く考えられていて、常に攻めている!」といった声に代表されるように、正指揮者就任から15年、大阪交響楽団のイメージアップと、他楽団との徹底したプログラムの差別化に測り知れなく貢献して来た寺岡清高が、3月を以て常任指揮者のポジションを離れる。

今でこそ演奏機会も増えたコルンゴルトやツェムリンスキー、ハンス・ロットやフランツ・シュミットなどを一早く紹介してくれた寺岡清高が、クラシックファンに与えた功績は大きい。

常任指揮者として迎える最後の定期演奏会をマーラーの交響曲第3番で見事に締め括った翌日、待ち合わせ場所に颯爽と現れた寺岡清高に、あんなコトやこんなコトを聞いてみた。 

(C)H.isojima

ーー 正指揮者就任から数えて15年。最後の定期演奏会は、締め括りに相応しい見事なマーラーの交響曲第3番でした。

マーラーの1番から始まり、3番で終えることが出来ました。大学の卒論で取り上げて以降、自分のライフワークだと思っているマーラーで締め括れたこと……(中略)…… より“誰も寝てはならぬ”ヴェルディ/歌劇「椿姫」より“乾杯の歌”長渕剛/乾杯~楽しみ抽選会~ラヴェル:ボレロ■料金:A=おとな5,000円 こども(小・中学生)4,000円、B=おとな4,000円 こども(小・中学生)3,000円■問合せ:ABCチケットインフォメーション 06-6453-6000

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース