曽我部恵一、ロロの新作舞台「はなればなれたち」に出演

曽我部恵一(サニーデイ・サービス)が6月22~30日に東京・吉祥寺シアターにて上演される舞台「ロロvol.15『はなればなれたち』」に出演する。

劇団ロロの約2年ぶりの新作「はなればなれたち」には、曽我部のほか、ロロの板橋駿谷、篠崎大悟、島田桃子、望月綾乃、森本華、ままごとおよびナイロン100℃の大石将弘、青年団の多賀麻美、油井文寧、アニメーション作家のひらのりょうが出演。脚本・演出は三浦直之が手がけ、架空の劇団の劇団史を通して、ロロのこれまでとこれからが描かれる。チケットは4月7日に一般発売される予定。

曽我部は2017年に上演されたロロとキティエンターテインメントによる舞台「父母姉僕弟君」の音楽を担当。役者としてロロの作品に携わるのはこれが初となる。

「ロロvol.15『はなればなれたち』」

2019年6月22日(土)~30日(日)東京都 吉祥寺シアター
<出演者>
板橋駿谷 / 篠崎大悟 / 島田桃子 / 望月綾乃 / 森本華 / 大石将弘 / 多賀麻美 / 油井文寧 / ひらのりょう / 曽我部恵一
※25日……(中略)…… 振り返って後ろを向いて、後ずさりをしながら前へ進んでいくように作品をつくってみます。本当のことを言いたい。本当のことに耳を澄ませたい。愛してるってもう一度言ってみたいし、愛してるってもう一度受け取りたい。あなたの独白を告白に変えるために、私はあなたの側にいたい。どうしたら、あなたとともにいれるだろう?

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース