AIの倫理的な未来に投資するということ

(編集部注:筆者Kriti Sharmaは英国拠点のSage GroupでAIと倫理に関するVPを務める。2017年に30才以下を対象とするForbes 30に選ばれ、テクノロジー・ビジネス・メディアにおけるインフルエンサー100人の1人)

つい最近の土曜日の朝、私は学童期の子供たちに人工知能について話す機会があった。子供たちの多くはコーディングをしたことがなく、AIという言葉を聞いたこともなかった。セッションでは、彼らがつくるAIが現実世界でどのように使用されるかを考えるエクササイズがあった。私は、人々を二分するのではなく人を助けることにつながるAIソリューションを生み出すことに向けられた子供たちの素晴らしい好奇心に感動した。将来のイノベーション、特に業界がテクノロジーを専門とする職業に就く機会を、さまざまなバックグラウンドや斬新な視点を持つ人にも広げることの意義をあらためて痛感して教室を後にした。

レトリックから行動へのシフト

Googleの軍用関連プロジェクトMavenへのGoogle従業員や社会の反応が示すように、世界中で倫理的……(中略)…… -ais-ethical-future/" rel="noopener noreferrer">原文へ 翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース