東山紀之&中島健人が松本清張「砂の器」ドラマ版で初共演、中島の父役は柄本明

松本清張の長編推理小説「砂の器」を原作としたスペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年ドラマ 砂の器」が、3月28日(木)にフジテレビ系で放送される。この作品に東山紀之、中島健人(Sexy Zone)、柄本明が出演する。

原作の「砂の器」は1960年から1961年に読売新聞の連載小説として発表され、とある殺人事件を捜査するベテラン刑事・今西栄太郎と天才作曲家・和賀英良による心理戦、そして和賀と実の父・本浦千代吉の間の秘められた過去が描かれた。1974年に初めて映画化され、2004年には中居正広主演によるテレビドラマ版も放送された。

今回のドラマでは物語の舞台を2018年の東京・渋谷に移し、ハロウィン当日に行われた和賀の犯行を序盤に明かしたうえで、過去の映像作品とは全く異なったストーリーを展開する。今西を演じる東山と、和賀を演じる中島は本作が初共演。今回の共演について東山は「僕自身もそうですが、彼が俳優として目指すべき道が見えてくる作品になると思います」、中島は「僕が一番憧れている…いや崇拝している先輩なので一緒にひとつの作品を作り上げるというのが僕の夢でし……(中略)…… 路のところは色々な土地を行くのでどういう風になるのだろう、と楽しみですね。

視聴者へのメッセージ

「砂の器」は、若いときに映画館で見ております。大名作です。今回は現代に置き換えたテレビ版としてどのような作品に仕上がるのか、楽しみに見て頂ければ幸いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース