パーヴォ・ヤルヴィ、初来日のエストニア・フェスティバル管弦楽団を語る


現在、世界屈指の指揮者として人気と実力を併せ持つパーヴォ・ヤルヴィ(NHK交響楽団の首席指揮者として日本でもお馴染み)が、手兵エストニア・フェスティバル管弦楽団の初来日公演をおこなう。オーケストラの歴史としては10年にも満たない新設のオーケストラだが、「アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団に匹敵するオーケストラ」との呼び声も高く、来日を心待ちにしていたクラシックファンも多いだろう。同楽団公演の聴きどころなどを、パーヴォ・ヤルヴィ本人が大阪での会見において大いに語った。

NHK交響楽団の首席指揮者として日本でも絶大の人気を誇るパーヴォ・ヤルヴィ (C)H.isojima


―― この管弦楽団はフェスティバル(音楽祭)がもとになって出来たオーケストラだそうですね。どういう経緯でフェスティバルが出来たのですか?

2011年、エストニアのパルヌというリゾート地で、かねてより必要と考えていた指揮法を教えるマスタークラスを始めました。それに伴いオーケストラを作ることになり、ヨーロッパで活躍する一流の音……(中略)…… ンター 082-221-7116■公式サイト:https://www.home-tv.co.jp/event/midori-paavo/

 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース