Uberがインドのフードデリバリーからの撤退が近いと伝えられる

Uberは、中国、ロシア、東南アジアからの3連続の撤退の後、決してインド(に限らずいかなる市場からも)からは撤退しないと断言したが、その対象には同社のフードデリバリービジネスも含まれているのだろうか?

雲行きは怪しい。もしメディアの報道が正しければ、Uberはインドのフードデリバリー業界からの撤退の瀬戸際にいる。

インドのEconomic Timesが伝えるところによれば、最近10億ドルを調達し、一般配送にも拡大したフードデリバリーサービスのSwiggyが、その株式の10%をUberに与えることでUber Eatsを吸収する交渉の最終段階にあるという。Swiggyはごく最近の10億ドルの調達ラウンドのあと、33億ドルの価値があると言われていた。このラウンドはNaspersが主導し、新しい後援者TencentやUberの投資家のCoatueなども参加した。

Uber Eatsは同社の主要な収益源であることが喧伝されている。The Informationはかつて、2018年第1四半期だけで15億……(中略)…… nch.com/2019/02/21/uber-eats-swiggy/" rel="noopener noreferrer">原文へ](翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース