いよいよ上演迫る! 東京二期会、宮本亜門の新演出・オペラ『金閣寺』リハーサル

宮本亜門の新演出のもと行われる、東京二期会とフランス国立ラン歌劇場の共同制作オペラ『金閣寺』。2018年3月にフランスで上演され絶賛されたこの作品が、2019年2月22日(金)~24日(日)、いよいよ東京で上演される。日本凱旋公演となる本作は、フランスバージョンとは少し演出に手を加えた、日本上演ならではの演出となる予定だ。
このほど行われた公開リハーサルでは溝口役の与那城敬をはじめとした2月23日のキャストが登場。歌手たちの歌声や視線や表情一つひとつの演技は繊細で、ときには金閣寺の幻影が見えるようでドキっとさせられた。(文章中敬称略)

三島由紀夫の小説『金閣寺』の刊行は1956年。1950年に実際に起こった金閣寺の放火事件に着想を得て執筆された、日本文学の金字塔とも言える作品で、海外でも広く翻訳され読まれている。
この小説がオペラとなったのは1976年のこと。ベルリン・ドイツ・オペラが音楽を黛敏郎に委嘱し、クラウス・H・ヘンネベルクの台本により上演される。このオペラが初めて日本で上演されたのは1991年のことだった。

物語の主人公、溝口……(中略)……

2月23日(土)14:00

溝口:与那城 敬

鶴川:髙田智士

柏木:山本耕平

父:小林由樹

母:美林 正子

道詮和尚:畠山 茂

有為子:嘉目真木子

ヤング溝口(ダンサー):木下湧仁

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース