「フェルメールの絵から聴こえる音楽」がコンセプト 『フェルメール展』公式タイアップCDが発売中

東京の開催時には60万人以上を動員した『フェルメール展』。2019年2月16日からは、大阪市立美術館に場所を移しての開幕となった。フェルメールのわずか35点とされる希少な現存作品のうち、日本初公開の作品を含む6点が展示されるとあって、大きな注目を集めている本展。さらに、みどころならぬ“聴きどころ”にも注目したい。

その“聴きどころ”とは、美術展の「音声ガイド」に使用されている音楽だ。そのすべては、このフェルメール展のために新規録音されたもの。フェルメールは音楽や楽器をモチーフにした作品を約10作品も残していることから、「フェルメールの絵から聴こえる音楽とは?」をコンセプトに、その時代に流行し親しまれていた歌や楽曲が選曲され、現代に再現されている。

フェルメール展で展示されている《恋文》《リュートを弾く女》に描かれたリュートを担当したのは、世界的リュート奏者・瀧井レオナルド。ソプラノの佐藤裕希恵とのデュオVox Poetica(ヴォクス・ポエティカ)による演奏で、美しく素朴なメロディを描きだしている。また、その当時盛んに演奏されていた、ネーデルランド地方の舞……(中略)…… ジャイルズ・ファーナビー:二台のヴァージナルのために23.パッヘルベル:カノン

Vox Poetica(Tr.2~10)、ソフィオ・アルモニコ(Tr.11~21)ハンス・ピシュナー、アルミン・タールハイム(チェンバロ) (Tr.22)、インテルプレーティ・ヴェネツィアーニ(Tr.23)

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース