#CHEMISTRY の新曲『もしも』は、カラオケで歌うのが難しすぎる? #jwave #gl #ケミストリー

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。2月18日(月)のオンエアではCHEMISTRYの堂珍嘉邦さんと川畑 要さんが登場。最新ベスト『はじめてのCHEMISTRY』やニューシングル『もしも/夜行バス』について語りました。

■CHEMISTRYを知らない世代に向けて

CHEMISTRYは先日、両A面シングル『もしも/夜行バス』と、期間限定ベストアルバム『はじめてのCHEMISTRY』をリリースしました。

堂珍:『はじめてのCHEMISTRY』については、ソロ活動をやっていた5年とかが経つと、15歳の人が20歳になるし、20歳の人が25歳になって、その間にCHEMISTRYを知って貰えてない世代もライブをやっていると増えるから、そういう人たちのためにももう一回入門編という形でリリースしました。ただそれだけではつまらないから、今まで応援してくれたファンとコラボして、ジャケットはファンの方がデザインしてくれたものなんです。
西沢:まあ可愛らしく描いているわな。<……(中略)…… 0分−19時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース