東京バレエ団初演『海賊』~モチベーションもリハーサルも絶好調! 初の「船出」に期待大


東京バレエ団はアンナ=マリー・ホームズ振付『海賊』の初演を2019年3月15日~17日、東京文化会館にて行う。

ホームズの振付による『海賊』は2017年に来日したイングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)や、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)が採用しているプロダクション。19世紀、オスマントルコが支配する地中海世界を舞台に、海賊の首領コンラッドとその恋人メドーラ、忠実な部下アリ、仲間のビルバントに奴隷商人ランケデム、メドーラの友人ギュルナーラやオスマントルコの太守(パシャ)など、個性豊かな登場人物たちが繰り広げるドラマとともに、パワフルな男性舞踊、華麗な女性舞踊などが繰り広げられる、エンタテインメント性の高いプロダクションだ。

その公開リハーサルが先ごろ行われた。ファーストキャストの上野水香(メドーラ)、柄本弾(コンラッド)、川島麻実子(ギュルナーラ)、宮川新大(アリ)らによる第1幕、続いてセカンドキャストの沖香菜子(メドーラ)、秋元康臣(コンラッド)、伝田陽美(ギュルナーラ)、池本祥真(アリ)らによる2幕の踊りと、フォルパン(ピスト……(中略)…… tps://www.nbs.or.jp/ 

<富山公演>■日程:2019年3月21日(木・祝)■会場:オーバード・ホール■問合せ:076-445-5511 

<兵庫公演>■日程:2019年3月23日(土)■会場:兵庫県立芸術文化センター■問合せ:0798-68-0255

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース