白井晃に聞く~ 一柳慧と共に「ダンスの向かう先」を探る『Memory of Zero』で挑むこととは


作曲家でピアニストの一柳慧と演出家の白井晃、神奈川芸術文化財団の2人の芸術監督がタッグを組む芸術監督プロジェクト『Memory of Zero』が3月9日(土)、10日(日)、神奈川県民ホールにて行われる。今回はダンス作品に挑み、第1部「身体の記憶」、第2部「最後の物たちの国で」(原作:ポール・オースター)を大ホール舞台上に客席を組む「ステージ・オン・ステージ」で披露。音楽は一柳の楽曲を使用し、構成・演出を白井、振付を遠藤康行(元フランス国立マルセイユバレエ団ソリスト)が担う。ダンスは小池ミモザ(モナコ公国モンテカルロ・バレエ団プリンシパル)ら気鋭が揃い、音楽は板倉康明指揮による東京シンフォニエッタが演奏し一柳もピアノ演奏で出演する。白井に同作に寄せる思いを聞いた。

多分野協働で占うダンスの展望

――白井さんは演劇の演出家、一柳さんは作曲家です。そのお二方がどうしてダンスでコラボレーションしようと考えられたのですか?

神奈川芸術文化財団芸術監督プロジェクトは神奈川県民ホール、KAAT神奈川芸術劇場、神奈川県立音楽堂と財団が運営する3つの会場……(中略)…… 行■指揮:板倉康明■演奏:東京シンフォニエッタ■ダンス:

小池ミモザ 鳥居かほり 高岸直樹 引間文佳 遠藤康行

梶田留以 木ノ内乃々 五島茉佑子 児玉アリス 佐藤明花鈴木彩海 鈴木春香 平 雛子 まりあ 米持愛梨上田尚弘 大橋武司 掛場一慶 郡司瑞輝 ながやこうた水島晃太郎 吉﨑裕哉

  記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース