人気ラッパーのバック映像に「アイ・ラブ・盗撮」韓国TV局が謝罪

【AFP=時事】韓国の主要テレビ局「文化放送(MBC)」が放送した人気ラッパー「San E(サニ)」さん(34)のパフォーマンスで、隠しカメラでの盗撮を擁護するかのような演出があったことを受け、MBCは15日、謝罪声明を発表した。韓国では小型隠しカメラを用いた盗撮が横行し、大きな社会問題となっている。

 San Eさんは、インスタグラムで46万人のフォロワーを持つ人気ラッパー。だが先月31日にMBCが放送した音楽番組でのパフォーマンスは、背景のスクリーンに「アイ・ラブ・盗撮」を意味する文章が流れたことから、批判を招いた。

 MBCは、問題映像の放送から2週間を経た15日になって声明を発表。「しかるべきチェックなしに、問題のある箇所を放送したことについて心からおわびする」と謝罪した。

 これまでも物議を醸す発言を繰り返してきたSan Eさんは、この問題に関するコメントを拒否した。

 韓国では学校や職場、列車内、トイレ、更衣室、路上などで、女性たちを隠し撮りカメラで撮影する、モルカと呼ばれる盗撮が横行。その大半は男性が関与し、盗撮した写真や動画はオ……(中略)…… る盗撮が横行。その大半は男性が関与し、盗撮した写真や動画はオンライン上で共有したり販売されたりしている。

 こうした盗撮行為の警察への通報件数は、2010年の約1100件から2017年には6500件超に急増した。

【翻訳編集】AFPBB News

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース