峯田和伸、「いちごの唄」への出演に照れる「首から下が映るぐらいでいい」

峯田和伸(銀杏BOYZ)と岡田惠和による青春ラブストーリー「いちごの唄」。古舘佑太郎(2)、石橋静河がW主演を務める本作の撮影が都内の中華料理店で行われた。

「いちごの唄」は銀杏BOYZの楽曲「漂流教室」「ぽあだむ」などをイメージソースに生まれた物語。亡くなった親友と、1年に一度しか会えない”あーちゃん”を思いながら日々を暮らす主人公・笹沢コウタを古舘、 “あーちゃん”こと天野千日を石橋が演じ、ドラマ「トドメの接吻」や「泣くな、はらちゃん」の菅原伸太郎が監督を務めた。なお、脚本を手がけた岡田と峯田による同名小説は2018年5月に発表されている。

映画「いちごの唄」メイキング写真

撮影には古舘と石橋、峯田が参加。古舘は黄色いTシャツ、石橋は青いワンピースを身にまとい、峯田は丸刈り頭に野球帽、肩まで袖をまくり上げたTシャツという出で立ちで撮影現場に現れた。この日は、中学を卒業してから初めて再会したコウタと千日がラーメン店で会話するシーンを撮影。千日のある一言にコウタが驚くシーンでは、勢い……(中略)…… 僕が本を読んで想像したコウタと一緒でした」と太鼓判を押した。また、石橋には「僕は原作本に挿絵を描かせてもらったんですが、千日をイメージした女の子も描いたんです。今日は現場で“2瞬”ぐらいしか目が合ってないですけど、完璧にその子の目でした!」とコメントし、主演の2人に「楽しみにしています」と語りかけた。

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース