新国立劇場《紫苑物語》大野和士芸術監督が放つ話題の日本オペラ 初演開幕

新国立劇場の新作オペラ《紫苑物語》が2019年2月17日に開幕、ついにその全貌をあらわした。今シーズンから芸術監督を務める大野和士が中心となり、劇場が総力をあげて取り組んできたプロジェクトである。初日の前々日にはゲネプロ(総通し稽古)がおこなわれ、その仕上がりからも画期的な上演になる手応えが感じられた。以下レポートをお届けする。

新国立劇場オペラ《紫苑物語》ゲネプロより(撮影:寺司正彦、写真提供:新国立劇場)

【ものがたり】平安時代、歌の名家に生まれた主人公宗頼は、既存の価値観に縛られた父親の考えに反発し、歌を捨てて、弓の道に走る。〈知の矢〉〈殺の矢〉に加えて、〈魔の矢〉をも習得した宗頼は、自らが求めていた真の歌の道を見つけるために、仏師平太が彫った山の頂にある仏頭を射ることになる。

新国立劇場オペラ《紫苑物語》ゲネプロより(撮影:寺司正彦、写真提供:新国立劇場)

《紫苑物語》は、戦後日本の知的リーダーとして活躍した石川淳の短編小説を原作に、詩人の佐々木幹郎が……(中略)…… 衣裳:リチャード・ハドソン■照明:ルッツ・デッペ■振付:前田清実■監修:長木誠司■舞台監督:髙橋尚史

■キャスト:宗頼:髙田智宏平太:大沼 徹うつろ姫:清水華澄千草:臼木あい藤内:村上敏明弓麻呂:河野克典父:小山陽二郎

■合唱:新国立劇場合唱団■管弦楽:東京都交響楽団 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース