マリオットの情報流出、自分が被害者かどうか確認できるようになる

世界最大のホテルチェーン、マリオットはスターウッド・ホテルズの情報流出問題に関し、被害にあっているかどうかを顧客が自分で確かめられるようにする。

マリオットは、“宿泊客が暗号化されないまま流出したパスポート情報の中に自分のものが含まれるか、自分のパスポート番号を調べられるメカニズム”を準備したことをTechCrunchに明らかにした。この措置は、昨年明らかになったデータ流出で500万件ものパスポート番号が暗号化されない状態で盗まれたことを認める先月の発表に続くものだ。

セキュリティ会社OneTrustが提供するチェッカーでは、ユーザーは名前、電子メールアドレス、パスポート番号下6桁といった個人情報を尋ねられる。

マリオットは、昨年9月に明らかにした情報流出で“最大3億8300万人の宿泊客”の名前、住所、電話番号、生年月日、性別、電子メールアドレス、予約情報などを含むデータが盗まれた、としている。その後、暗号化された2000万超のパスポート番号と、860万もの支払いカード情報が盗まれていたことも明らかになった。クレジットカードに関しては盗……(中略)…… starwood-hack-check/" rel="noopener noreferrer">原文へ 翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース