Draper NexusがDNX Venturesへ名称変更、250億円規模の3号ファンド設立へ

シリコンバレーと東京に拠点をおくベンチャーキャピタルDraper Nexus Ventures(ドレイパーネクサスベンチャーズ)は2月13日、名称をDNX Ventures(ディー・エヌ・エックスベンチャーズ / 以下DNX)へと変更したことを明らかにした。

合わせて同社では新たに3号ファンドを立ち上げたことも発表。最終的には総額で250億円程度の規模を予定していて、年内をめどにファイナルクローズを行う計画だ。

同ファンドにはLPとして京セラコミュニケーションシステム、ジェーシービー、東京海上ホールディングス、日立製作所、日立ソリューションズ、ファーストブラザーズ、みずほ銀行らが出資。DNXによるとすでにファーストクローズを完了し、運用もスタートしているという。

以下のスタートアップはこの3号ファンドからの出資先。アクシバース、Inner Resource、Resilyについては、本日それぞれ個別でも紹介している。またRESTARは昨年開催されたTechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトルのファイナリストだ。

……(中略)…… タートアップとのネットワークを生かして、日本の大企業のオープンイノベーション支援も継続していくという(すでに100件を超える日本企業とスタートアップとのパートナーシップおよび協業事例がある)。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース