不思議な世界に誘う話題作『緑のテーブル』を再演、スターダンサーズ・バレエ団公演「Dance Speaks」~小山久美総監督に聞く


2019年3月30日(土)・31日(日)、スターダンサーズ・バレエ団(SDB)のダブルビル「Dance Speaks」が行われる。演目はクルト・ヨース振付『緑のテーブル』とジョージ・バランシン振付『ウエスタン・シンフォニー』だ。
とくに『緑のテーブル』は2005年以来、久々の再演となる話題作。「反戦」をテーマとしたこの作品は、どこかシュールで、なおかつコミカルなテイストも感じられる、不思議な世界観が魅力の一つ。初演は1932年と80余年の歴史があるが、世界でも上演できるカンパニーは限られているという希少な演目でもある。そんな作品がいま、どのようなメッセージを語りかけてくるのか。公演を前に、SDB小山久美総監督に話を聞いた。(文章中敬称略)

■初演80年を経た作品上演はピーター・ライト卿のお墨付き

真っ暗な空間に置かれた、大きな緑のテーブル。音楽はパントマイムのBGMに使われるような淡々とした雰囲気のピアノ曲……というのだろうか。その音色に合わせ、マスクをかぶったダンサーがテーブルを囲み、踊り、時にはパントマイムの芝居のような動きを繰り広げる。……(中略)…… 美術:ハイン・ヘックロス■マスク&照明:ハーマン・マーカード■舞台指導:ジャネット・ヴォンデルサール、クラウディオ・シェリーノ■照明再構成:ベリー・クラーセン■ピアノ:小池ちとせ、山内佑太 

■公式サイト:https://www.sdballet.com/news/20180921/

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース