音楽産業で最も影響力あるビジネスパーソン「Power 100」 リスト2019年版発表 既存概念に挑み、成功した音楽企業100社

米国の音楽ビジネスメディア「ビルボード」が毎年恒例となっている、音楽業界で影響力あるビジネスパーソンの最新リスト「Power 100」を公開した。

Billboard’s 2019 Power 100 List (Billboard)

「Power 100」2019年版では、メジャーやインディーズのレコード会社からサブスクリプション音楽サービス、アーティストマネジメント会社、音楽出版社、著作権管理団体、コンサートプロモーター、デジタルラジオまで、多種多様な音楽企業から経営者や重要人物が選ばれている。

「Power 100」2019年特集のビルボード・マガジン紙の表紙は、ワーナー・チャペルミュージックの会長兼CEOで、今年4月から業界最大の音楽出版社ソニーATVミュージックパブリッシングの次期CEOに内定しているジョン・プラット。ソニーATVでは初めてのアフリカ系アメリカ人CEOとなる。

プラットは、2007年から10年以上に渡りソニーミュージックの音楽出版部門でCEO兼会長を努め、数々のビジネ……(中略)…… ceo-at-sony-atv/" target="_blank" rel="noopener">Jon Platt To Be First African-American Music Publishing CEO At Sony (Hip-Hop Wired)

記事の全文を読む⇒(All Digital Music) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース