オラオラ系は絶滅危機 ヤンキーと一般的な若者の隔たり少なく

はじめまして、若者の就労支援を行うハッシャダイの白ギャル編集長こと関田知子です!

ハッシャダイでは地方出身16〜24歳までの中高卒者に、自らの選択肢を広げてもらうため「職・食・住」を無料で提供し、一般教養やビジネスマナー、スキルを身につけるキャリア支援事業「ヤンキーインターン」を行なっています。

そのため地方出身者をはじめとした若者と触れ合う機会が多いのですが、「最近のヤンキーや若者は今までと違う」と感じます。ここでは「現代ヤンキーのリアル」をお伝えしていきたいと思います。

あなたの周りにヤンキーはいますか? 例年ニュースになる成人式の様子を見ると「まだまだいるんじゃない?」と思われるかもしれませんが、インターン生に聞くと「見たことない」もしくは「地元にはいる」といった声が大半です。

ヤンキー文化は、時代とともに変化しています。1980年代中頃からリーゼントやパンチパーマに特攻服やボンタンを着用するヤンキーが登場し、2000年代になると黒肌に鍛えた体、セットアップのジャージにセカンドバッグをあわせる「オラオラ系」のヤンキーが登場しま……(中略)…… し進める原動力になるという理念に共感し、ジョイン。

体験と選択格差がない社会の実現を目指し、大人や若者へ向けて執筆中。

詳しくはハッシャダイディスカバリー、ハッシャダイカルチャー、ハッシャダイツイッター、ハッシャダイインスタグラムをご覧ください。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース