AMIがジェフ・ベゾスと「信義のもとに交渉している」と主張、しかし「脅迫問題を調べる」とも

一夜明け、AMI(アメリカン・メディア)にとって退っ引きならぬ事態になった。

それもかなり深刻だ。AMIはAmazonのCEO、Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏とのやり取りについて短い声明文を出したが、もはやダメージコントロールモードになっているのは明らかだ。これに先立ってジェフ・ベゾス氏は、AMIがベゾス氏のテキストメッセージやヌード写真を盾にしたメールを脅迫の証拠として公開している。

AMIは今日、反論の意を表明した。ベゾス氏についての報道は「合法的に行なった」と主張し、ベゾス氏とは“信義のもとに交渉中”だ、としている。それでも、そうした主張にもかかわらず、この件について調査を開始した、と述べた。

声明文は以下の通りだ。

American Mediaは、ベゾス氏氏についてのニュース報道は合法的に行なったと固く信じている。さらに、ベゾス氏氏が最近主張を行なった時点では、彼にかかる全ての問題を解決するために信義のもとに交渉を行なっていた。それでもなお、ベゾス氏氏が公開した主張の性質を考慮して取締役会が召集され、彼の……(中略)…… ils-his-moon-colony-ambitions/" rel="noopener noreferrer">ジェフ・ベゾス氏が野心的な月植民計画を説明

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース