#細野晴臣 、新作制作のきっかけは #ネバヤン 安部? その真相は…  #jwave #kp813

J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(水曜担当ナビゲーター:never young beach)。2月6日(水)のオンエアは、ボーカル・ギターの安部勇磨がソロでお届け。安部が敬愛するミュージシャン・細野晴臣さんのアルバム『HOCHONO HOUSE』について溢れる想いを語りました。

■2019年、『HOCHONO HOUSE』を抜く作品はない

今年の3月にリリース予定の『HOCHONO HOUSE』は、1973年にリリースされた細野さんのアルバム『HOSONO HOUSE』を、細野さん自らがリアレンジと新録で再構築した作品です。この作品についての記事に、なんと安部の名前があったそうで……。

安部:嬉しい! ただただ嬉しい! 自慢気! これはもうただのファン(笑)! そしてこれはただの自慢なんですけど、この前、細野さんのライブに行かせていただきまして、最後にご挨拶をさせていただきまして。そしたら細野さんに「『HOCHONO HOUSE』を作るきっかけになったのはね、安部くんなんだからちゃんと聴いてね」……(中略)…… ・火・水・木曜 25時−26時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース