反田恭平、全公演ソールドアウトの全国ツアー東京公演レポート オールショパンプログラムで挑む美しい音の世界

2019年、反田恭平の新年は『反田恭平ピアノ・リサイタル全国ツアー2018-2019 Winter』から始まった。テレビやラジオ出演、CDの発売、テレビアニメ「ピアノの森」の演奏出演など、2018年の反田の目覚しい活躍ぶりを反映するかのごとく、2019年1月11日(金)の名古屋公演を皮切りに、2月2日(土)の札幌公演まで全国6公演全てチケットは早々に完売。2018年1月18日(金)に迎えた東京公演の東京オペラシティホールも満席であった。それもそのはず、今回のツアーはオールショパンプログラム。反田のショパンは全てのファンにとっても垂涎の的である。聴く度に常に進化していく反田の音を追いかけるように観客の期待値も上がる。

反田恭平 (リハーサルより)

反田恭平 (リハーサルより)

反田恭平 (リハーサルより)

プログラムは、「ノクターン第13番 ハ短調 作品48-1」から始まり、「ノクターン第14番 嬰へ短調 作品48-2」、「幻想曲……(中略)…… ia-2 Rachmaninov hall (Moscow) Tr.4-8反田恭平(Pf) 録音:2018年11月27日-28日福島音楽堂 【購入者特典】タワーレコード、山野楽器、HMV、その他応援店では絵柄別ポストカードを、楽天ブックスではオリジナルクリアファイル(A5サイズ)を先着でプレゼント公演情報 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース