「大丈夫だと思いたい」その心理が、若者を保守化させる― #芥川賞 作家・ #中村文則 が語る #jwave #jamtheworld #社会

J-WAVEで放送中の番組『JAM THE WORLD』(ナビゲーター:グローバー)のワンコーナー「UP CLOSE」。2月5日(火)のオンエアでは、火曜日のニュース・スーパーバイザーを務める青木 理が登場。この日は芥川賞作家の中村文則さんを迎え、青木と「ポスト平成をどう生きるか?」をテーマに考えました。

■平成はあまり明るい時代ではなかった

最新刊『その先の道に消える』を2018年10月に上梓した中村さん。2002年に作家デビューし、2005年『土の中の子供』で芥川賞を受賞したのち、『教団X』や『R帝国』など、次々と話題作を執筆。2012年には『掏摸(スリ)』の英訳がウォール・ストリート・ジャーナルの年間ベスト10小説に選出されるなど、世界からも注目を集めています。中村さんは、「平成」という時代をどう捉えているのでしょうか。

中村:あまり明るい時代ではなかった印象です。でも、昭和の前半も暗いし、大正もデモクラシーと言いながらも暗いし、明治なんてとんでもないですし。いつの時代もそうなのかなとも思いますけどね。
<……(中略)…… 水・木曜 19時−21時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース