杏もドキドキ… #Queen ・フレディの恋人による、“大人な恋愛”も描く一冊 #jwave #bookbar813

J-WAVEで放送中の番組『BOOK BAR』(ナビゲーター:大倉眞一郎・杏)。毎週ナビゲーターの2人が「今読むべき本」として、おすすめの本を持ち寄っています。2月2日(土)のオンエアでは、杏が『フレディ・マーキュリーと私』を紹介しました。

■映画『ボヘミアン・ラプソディ』にも登場! フレディの恋人による本

杏はQueenの大ファン。幼い頃、フレディが亡くなった直後の記憶も残っています。

:5歳くらいだったのかな。親も大ファンで家にレコードとかレーザーディスクが全部揃ってて、本当に小さい頃から見たり聴いたりしていたから、親が泣いていたのかな。「どうしたの?」と訊いたら「フレディが死んじゃった」と言ったのを覚えています。

そんな杏が紹介した『フレディ・マーキュリーと私』は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』にも登場する、フレディの最後にして最愛の恋人、ジム・ハットンが書いた本です。もともと女性と付き合っていたフレディが、自分のセクシュアリティに苦悩した、ジムと出会ってからの約7年間がこの本には収められています。 ……(中略)…… 放送日時:土曜 22時−22時54分オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/bookbar/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース