#電気グルーヴ は「ストイックでありながら、ユーモアがある」30年の軌跡を振り返る #jwave #sonar813

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。1月31日(木)のオンエアは、いきものがかりの水野良樹とのコンビでお届けしました。

注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は今年結成30周年を迎えた電気グルーヴを特集。

1989年に結成された電気グルーヴ。メンバーは石野卓球さん、そして2019年の1年間限定で、電気グルーヴでの活動のみ「ウルトラの瀧」に改名しているピエール瀧さん。石野さんは日本のテクノシーンを牽引する存在であり、世界的に有名なDJ・トラックメーカー。瀧さんはタレントや俳優としても大活躍です。

特集1日目は、結成からデビュー、そして日本のテクノシーンを変えたアルバム『VITAMIN』までを紹介。2日目は企画アルバム『DRILL KING ANTHOLOGY』やアルバム『DRAGON』のリリースから50万枚を超えるセールスとなったアルバム『A』の発売、砂原良徳さんがバンドの方向性の違い……(中略)…… 火・水・木曜 21時−24時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース