教育事業にシフトするLittleBitsが一部従業員をレイオフ

TechCrunchは、ニューヨークに拠点を置くスタートアップであるLittleBitsが、先月スタッフのレイオフを始めたことを知った。このレイオフは、同社がK-12市場への集中を強めようとしているために起きているものだ。

教育に特化した製品は同社の8年間の歴史の中で利益を生み出し続けてきたものだが、最近の製品はディズニーのハードウェアアクセラレータープログラムと提携した、ライセンス製品が多くなっていた。

TechBrunchに送られてきた回答の中で、LittleBitsは内部再編の一環としてのレイオフを認めた。

「littleBitsが、教師、保護者、そして子供たちに提供する本当の可能性は、皆さんが想定するような、普通のギフトや玩具にとどまるものではありません。次世代のチェンジメーカー(革新者)の育成に最大の効果をもたらすために、私たちはK-12教育市場を中心にした事業を優先しています」と同社は言う。「ご想像の通り、教育市場のニーズは小売のニーズと……(中略)…… rel="noopener">原文へ](翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース