安物のIoT機器は、たとえゴミ箱に叩き込んだあとでも持ち主を裏切り続ける

格安のスマート電球やセキュリティカメラを購入したときの最悪のリスクは、セットアップに手間がかかるとか、設定できることが少ないことだと考えるかもしれない。しかし、こうした雑なガジェットがセキュリティリスクであるのは、プラグインされている間だけではない。ゴミ箱の中にあるときさえ、あなたのネットワークを危険にさらすかもしれないのだ。

こうした、いわゆるIoTガジェットは小さくてかなり単純なものだが、それでもあらゆる目的と用途のために用いることのできる、本格的なコンピューターなのだ。それほど多くのことをする必要はないかも知れないが、機器が利用者のプライベート情報を暗号化しないまま世界にばらまいたり、アクセスしてきたものにルート権限を渡したりしないように。よくある基本的な予防策は講じておく必要がある。

Limited Resultsが(Hack a Dayを介して)調査を行った低コスト「スマート」電球の場合には、問題はそれらが接続されている間に行うことではなく、それらがその小さな頭脳の中に保存している情報と、その保……(中略)…… 文へ](翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース