日本オペラの革命~新国立劇場《紫苑物語》キックオフ会見&音楽稽古レポート


大野和士が「日本オペラの革命」を起こそうとしている。新国立劇場の芸術監督に就任して一年めの今シーズン、初めて自ら指揮をする新作オペラ《紫苑物語》(世界初演)がその作品だ。2019年2月17日(日)の初日も近づいている新国立劇場で、立ち稽古スタートの顔合わせ&演出家によるコンセプト説明会があった。

集まった歌手たちと助演の俳優たちの前に並んだのは、大野和士(芸術監督・指揮)、西村朗(作曲)、佐々木幹郎(台本)、長木誠司(監修)、笈田ヨシ(演出)の面々。舞台美術を担当するトム・シェンク、振付の前田清実も出席した。

大野和士芸術監督「これは『芸術家の生涯』」

まずは芸術監督の大野和士から挨拶。

「私の就任一年めのひとつのエポックとなる、日本人作曲家への委嘱シリーズ第一弾が《紫苑物語》です。お引き受けくださったのが、日本の誇る作曲家、西村朗さん。そして難しいオペラの台本作りを、西村さんと話し合いながら、詩人として美しい言葉をちりばめ、しかも音楽的な言葉を構築してくださった佐々木幹郎先生。私がこの方なしではこのプロダクションはあ……(中略)…… 衣裳:リチャード・ハドソン■照明:ルッツ・デッペ■振付:前田清実■監修:長木誠司■舞台監督:髙橋尚史

■キャスト:宗頼:髙田智宏平太:大沼 徹うつろ姫:清水華澄千草:臼木あい藤内:村上敏明弓麻呂:河野克典父:小山陽二郎

■合唱:新国立劇場合唱団■管弦楽:東京都交響楽団 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース