Facebookヘビーユーザーはドラッグ中毒者のようにまともな判断ができないーー調査結果

ミシガン州立大学の研究者が、ネットのしすぎはジョークの域を超えて思う以上に“ソーシャルメディア中毒”を起こしているのではと調査している。専門誌Journal of Behavioral Addictionsで発表された「Excessive social media users demonstrate impaired decision making in the Iowa Gambling Task”(過度なソーシャルメディアユーザーはIowaギャンブリング課題で意思決定に障害が認められた)」というタイトルの論文では、ソーシャルメディアサイトを過度に使用するユーザーに、コカインやヘロインの中毒者と同じような行動がみられる、としている。

研究ではまず、実験参加者71人にBergen Facebook Addiction Scaleと呼ばれる測定方法を使って自身のFacebook使用状況を評価してもらった。そして次にIowa Gambling Task (IGT)と呼ばれるものに移った。Iowaギャンブリング課題は、意思決定プロセスの障害を評価する昔なが……(中略)…… ook-addiction-research/" rel="noopener">原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース