ソニー、360度の空間音響技術「360 Reality Audio」を発表–8K液晶テレビも公開

 ソニーは、米国ラスベガスで開催されているCES 2019において、全方位からの音に包まれる「音場」を作り出す音楽体験「360 Reality Audio」やソニー初の8K液晶テレビ「ブラビアMASTER Series Z9G(98/85)」などを出展した。

 360 Reality Audioは、アーティストがライブ演奏をする場に入り込んだかのような、臨場感豊かな音場を実現するオブジェクトベースの空間音響技術。コンテンツの制作時に、ボーカル、コーラス、楽器などの音源に距離や角度などの位置情報を付けて全方位に配置ができ、再生時には、制作意図が反映された、360度全ての方向から音が届く体験ができるという。


「360 Reality Audio」

 ソニーでは、コンテンツ制作ツールを提供することで、主要音楽レーベルなどと対応コンテンツの整備と拡充を進めて考え。過去の楽曲でもマルチトラック音源であれば、制作ツールで360 Reality Audioに対応できるとしている。

 音楽配信に最適化したフォーマットの公開を予定しており、……(中略)…… n 4」と「PlayStation VR」による、アクションゲーム「ASTRO BOT:RESCUE MISSION」の体験コーナーを設置した。このほか、車載向けイメージセンサーが実現する将来の自動運転の映像や、エンタテインメントロボット「aibo」なども展示している。

 記事の全文を読む⇒(CNET Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース