デジタルメディアは今後いかに生き延びるか

どの業界もタフだ。しかし2018年は、デジタルメディア業界にとって特にタフだった。

おそらく今年最も注目を集めた事業停止は、Bustleに買収される前にスタッフのほとんどを解雇したニュースメディア企業Micだった。Micはトータルで6000万ドル近くの資金を調達していた。Micのミレニアル世代の視聴者にニュースを届けるというビジョンを、Time WarnerやBertelsmannといった大手メディア企業が資金調達という形でサポートした。

しかしMicは、多くの操業停止や解雇の一つにすぎない。ヘッドラインを賑わしたもののいくつかを下に挙げよう:

・Viceは雇用者数を最大15%減らすとのゴールを掲げ、採用を停止した

・LittleThingsは、同社が主張するところのFacebookのアルゴリズムの変更によって、RockYouに買収される前に閉鎖に追い込まれたようだ。RockYouの自社のデジタル出版戦略は難題に直面しているもよう

・Refinery29は全体の10%にあたる社員を解雇し、2018年の売上は5……(中略)…… wling-from-the-wreckage/" rel="noopener">原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース