これからの時代に必要な「スローニュース」って? #スマートニュース メディア研究所・所長が語る #jwave #FUTURISM813

J-WAVEで放送中の番組『TOPPAN FUTURISM』(ナビゲーター:小川和也・南沢奈央)。12月23日(日)のオンエアでは、スマートニュース メディア研究所・所長の瀬尾 傑さんをゲストにお迎えし、「2018年にテクノロジーが生みだしたものとは?」というテーマでお届けしました。

瀬尾さんは講談社在籍時代に『現代ビジネス』『ゲキサカ』『クーリエ・ジャポン』『FORZA STYLE』など、ウェブメディアの統括や新しいメディア戦略を作る部署のマネジメントを担当。今年8月に講談社を退社し、スマートニュース メディア研究所の所長に就任しました。

■2018年で印象に残ったテクノロジーの出来事

まずは2018年上半期で印象に残ったテクノロジーの出来事を伺うと、フェイスブックのCEOであるマーク・ザッカーバーグがアメリカ上院に呼ばれたことだと回答。

瀬尾:それまで新しいソーシャルメディアは「世の中を良くするものだ」「フラットな社会にして個人の情報発信ができる」「政府や大企業が中心の世の中を市民中心の社会に変えるんだ」……(中略)…… 時:毎週日曜 21時−21時54分オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/futurism/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース