摩天楼オペラ新メンバー加入で5人編成に、ニューアルバム&全国ツアーも決定

摩天楼オペラがドラマーの響(Hibiki)を1月より正式メンバーとして迎えることを発表。2月27日に新体制後初となるニューアルバム「Human Dignity」をリリースする。

響は前ドラマーの悠が3月に職業性ジストニアの治療のため脱退して以降、サポートメンバーを務めていたドラマー。摩天楼オペラは5月には新ギタリストとしてJaYも加入しており、今回の響の正式加入によりバンドは約3年ぶりに5人編成となる。

Human Dignity(初回限定盤) Human Dignity(通常盤)

アルバム「Human Dignity」には全12曲を収録予定。そのほかの詳細は後日発表される。またアルバム発売後の3月からは全国23カ所を巡る全国ツアー「Human Dignity TOUR」を開催。5月には結成12周年目を迎えることを記念したワンマンライブ「摩天楼オペラ presents 12th ANNIVERSARY LIVE」も行われる。

Human Dignity TOUR

2018年3月2日(土)愛媛県 松山サロンキティ
摩天楼オペラ presents 12th ANNIVERSARY LIVE

2018年5月5日(日)東京都 LIQUIDROOM

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース