プライベートエクイティのバイアウトは有力なエグジット選択肢になった

【編集部注】著者Ajay ChopraはPinnacle Systemsを在宅で共同設立し、数十億ドル規模の株式会社に育てた。その後Trinity Venturesのベンチャーキャピタリストになった。

約13年前、私は悩ましい判断を迫られた。私の会社Pinnacle Systemsをプライベートエクイティ(PE)に売却するか、それとも他の大きな株式会社に売るか、というものだ。どちらも私の従業員を大事に扱ってくれるように感じた(確実にそうなるよう、私はかなりハードに交渉した)。そしてどちらもNASDAQでの株価よりもずいぶん高い額を提示してくれた。

初めての子どものように感じていた会社をリビングルームで育て、公開企業へとはぐくみ、私は次のステップに進む準備ができていた。私は最終的に戦略的売却を選択したが、すでにPE企業とテック企業のエグジット分野で興っていた原動力によって関心の的となったプロセスを経なければならなかった。

昔は、PEへの売却というと往々にして汚名を伴った。いい取引条件であっても、私はそのように感じた。加えて、PEへのエグジ……(中略)…… 翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース