マイノリティは不幸ではない。不幸にさせる「環境」に問題がある…2018年の重大ニュースを安田菜津紀が総括 #jwave #jamtheworld

J-WAVEで放送中の番組『JAM THE WORLD』(ナビゲーター:グローバー)のワンコーナー「UP CLOSE」。12月26日(水)のオンエアでは、グローバーがお休みのため津田大介がナビゲーターを務めました。「UP CLOSE」のコーナーでは水曜日のニュース・スーパーバイザーを務めるフォトジャーナリスト・安田菜津紀が登場。「安田が選ぶ2018年の重大ニュース・トップ5」をお届けしました。

5位:福田次官による記者へのセクハラ・入試差別などのジェンダー問題

今年はジェンダー問題やセクシュアルマイノリティの問題が目立ちました。

安田:入試差別を見てみると「女性はこれ以上は採れない。なぜなら子どもを産んで仕事を辞めるかもしれないから」という視点がありました。子どもを産まないと生産性がないと言われ、子どもを産んだら仕事を辞めてしまうから大学に入れられないとなると、女性はどうしたらいいのだろうとなります。

子どもを産むから大学に入れないのではなく、子どもを産んでも働けるような環境にすることに議論を向けることが重要……(中略)…… 木曜 19時−21時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース