ヴァイオリニスト川久保賜紀&ピアニスト小菅優が、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会を語る

早くから海外に暮らし、早くから音楽の才能を開花させた二人。ともにドイツでの生活が長く、国際的に活躍を続けている。そんなヴァイオリニスト川久保賜紀とピアニスト小菅優が、2019年3月11日に紀尾井ホールでブラームスのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会をひらく。川久保にとっては、日本デビュー20周年を記念するリサイタルとなる。

ーーお二人が初めて会ったのはどういうきっかけでしたか?

川久保:初めて会ったのは、10年以上前に、東京で、樫本大進さんなど、音楽仲間で食べに行ったときですね。そのあと、2013年頃に、イスラエルやワシントンで一緒に室内楽を演奏しました。優さんには私の淡路島での室内楽プロジェクトにも参加していただきました。

小菅:初めてデュオで演奏をしたのはイスラエルだったと思います。イスラエルのテルアビブ美術館ではミロやカンディンスキーの絵画に囲まれてガーシュウィンやグリーグを弾きましたね。大きなホールでは、イスラエル・カメラータとメンデルスゾーンのヴァイオリンとピアノのための二重協奏曲を共演しました。

川久保:そのあと、2……(中略)…… イオリン・ソナタ全曲演奏会ヴァイオリン・ソナタ第1番 op. 78「雨の歌」ヴァイオリン・ソナタ第2番 op. 100

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -ヴァイオリン・ソナタ第3番 op. 108 

主催:ジャパン・アーツ

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース