クラシック音楽界に旋風を巻き起こす~次世代の新レーベル“Opus One”から若手実力派5人がデビュー、コンサートも開催

国内のクラシック音楽レーベルとしては老舗でありながら、クラシック界のニュージェネレーションであるピアニスト反田恭平やクラシックサクソフォニスト上野耕平を送り出してきた日本コロムビアが満を持して、クラシックのニューレーベルを始動する。

そのレーベル名は、“Opus One(オーパスワン)”。“作品番号1”を意味し、「ここから船出」というフレッシュな気持ちがこめられている。2019年1月23日に5人の新人、笹沼 樹(Vc)、石上真由子(Vn)、鈴木玲奈(S)、古海行子(Pf)、秋田勇魚(G)のデビューアルバムを発売する。日本コロムビアのクラシック担当のディレクターたちが、経歴やコンクール歴とらわれず自分の目と耳で、人の心を動かすアーティストとして選んだ若き異才たちだ。彼らはファーストアルバムを引っ提げて、2019年1月25日(金)にHakuju Hallにて、デビューコンサートを開催することも決まっている。

今回は、5人のうち、チェロの笹沼、ピアノの古海、 ギターの秋田に、新アルバムの聴きどころやデビューコンサートへの意気込みを聞いた。

2018年11月10-11日 TAGO STUDIO TAKASAKI 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース