「脱カリスマ」で再ブレイクも 浜崎あゆみが再評価される日も近い?

 12月20日、オリコンが発表した年間ランキングで、安室奈美恵がアーティスト別の年間売上ランキングで、190億円を記録し、2位の乃木坂46の103億円に大きく差をつけ1996年以来の1位を記録した。

 安室はアルバム部門と音楽DVD/ブルーレイ部門でも、分野別の1位を記録。9月16日の引退をピークに、2018年のJ-POP界で最大の注目を集めたアーティストとなった。

対して、浜崎あゆみは

「17年9月の引退発表から1年におよぶ“引退キャンペーン”が、ハマりすぎるぐらいハマりました。引退のニュースは、NHKが7時のニュースで取りあげたり、速報を出すほどでしたからね。アルバムやブルーレイの売り方なども含めて、キャンディーズの解散を超える盛り上がりになったのではないでしょうか」

 と、ある芸能記者は語る。

「アムロはユーロビートのカバーから火が付き、小室哲哉とタッグを組んだことでさらに人気が拡大し、ミリオンを連発。90年代なかばには“アムラー”と呼ばれる彼女のスタイルをマネる女の子が大量に出現するなど、社会現象的な人気を獲得しました」

 アーティストとしてのあゆが、女性ソロ売上歴代1位にふさわしく再評価される日を待ちたい。

<取材・文/渋谷恭太郎>

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース